打ち水スクリーン

室内熱中症対策装置


水の気化熱を利用した、ロールスクリーンタイプの日除けです。 連続滴下散水と言う新たな 散水方式により空気を冷却します。
日陰を作り出し直射日光による温度上昇を抑制します。
緑のカーテン同様に使用できます。
緑のカーテン以上の冷却効果があります。
設置してすぐ効果があります。使い勝手の良い装置です。
自動的に少量の水を滴下散水し続けます。打ち水の様に、雨水・再生水等、を使えます。
太陽光パネルを使用した、ポンプ循環式です。
水道水を使用して、排水式の装置もあります。使用水量が少ないので水道代は、1日60円程度です。
ランニングコストの低い、省エネな装置です。
ドライミストと同様の空気冷却効果があります。よしずの様な直射日光遮断効果があります。日本初のエアコン弱者用の装置です。

実証実験データ


板橋区本町、マンションでの実験

日陰の気温35℃(午後2時)ベランダにて
打ち水スクリーン周辺気温32℃
幕の表面温度29℃
ガラスの表面温度30℃
打ち水スクリーン幅2m×高さ2m
1時間当たりの散水量10リットル

詳しく知りたい方へ